【Maxの教科書】Maxmspで簡単なシンセサイザーを作ってみよう!

【Maxの教科書】Maxmspで簡単なシンセサイザーを作ってみよう!

最終更新日:2024/05/10

前回はこちら

今回完成した、簡単なシンセがこちら

バーチャルキーボードを押したら、SAW波の音が出る簡単なシンセです。

理解しながらパッチを組み立てよう

好きな波形パッチを作る

ダブルクリックでパッチを作って、Sawと入力。

Triangle~やSineならCycleなど好きな音色の波形でOK。

スピーカーとゲインを用意

ezdac~でスピーカー、Gainを用意して繋いでおく。

前回を参考に

キーボード作成

ksliderでキーボードができる。

キーボードをsawに、sawをgainに繋ぐと、押した鍵盤の音が流れ始める。

でもこのままだと音がずっと流れ続けてしまう。

ノートのON/OFFとベロシティを操作

makenoteパッチで信号のON/OFFを切り替えます。

左下からはピッチ情報が出るのでMIDI情報を周波数に変換するmtofパッチを通してSawへ。

右下からはベロシティが出るのですが、0~127までの範囲で出力される情報を0~1の範囲にするために127で割ったものをadsrパッチ(Attack、Decay、Sustain、Release)に入力。

saw波に対してadsrで作ったダイナミクスカーブを掛け算するために*~ 0.を通してGainへ繋げます。

バーチャルキーボードを押してみよう

バーチャル鍵盤を押すとSaw波のシンセサウンドが鳴ります。

次回は、バーチャル鍵盤の代わりにMIDIキーを使う方法を紹介します。

本記事に登場 & 注目のPICKUPおすすめプラグインをピックアップ