【前編】Logic proの使えるデフォルトプラグイン8選〜音作り・エフェクト編〜

【前編】Logic proの使えるデフォルトプラグイン8選〜音作り・エフェクト編〜

最終更新日:2024/02/14

今回は音作り・エフェクトプラグイン特集

さて今回はLogic proのデフォルトプラグイン特集です!

ビリー・アイリッシュの初期のアルバムはロジックとOmnishere、Keyscapeだけで作られたくらい、優秀なLogic proデフォルトプラグイン。

今は高くなってしまったOmnishere+Keyscapeですが、おすすめのソフトシンセも↓で紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

5万円以上のプラグインがまとめ買いで1つ当たり¥866で購入可能です。お得なプロ品質シンセも紹介しているので参考までに。

今回は前編として音作りに使えるエフェクト系のプラグインを5種類ご紹介します。

後編のミックスマスタリング編はこちら

それでは早速見ていきましょう!

Vintage tube EQ

Logic pro のデフォルトVintage Tube EQ【おすすめ】Logic pro の使えるデフォルトプラグイン8選!
Logic pro のデフォルトVintage Tube EQ

「いきなりイコライザー?」

と思った方も多いのでは。

Vintage tube EQは、ビンテージの真空管EQをエミュレート(再現)したプラグイン。

キックを重くしたり、エレピの音に厚みを出したり、音作りやミックスに使えるデフォルトプラグイン。

Vintage tube EQの特徴・使い方

Logic pro のデフォルトVintage Tube EQ設定【おすすめ】Logic pro の使えるデフォルトプラグイン8選!
上段が低音と高音、下段が中音域、右側で歪みなどを加えられます。

一見ややこしそうですが、FREQで指定した音域をBOOST(増やす)かATTEN(減らすかというシンプルな操作

例えばキックのFREQ=50~60をブーストすると音が厚くなりFREQ=2~6kあたりをブーストすると抜けが良くなります。

EQの基礎は「増やすではなくて削る」ですが、自分は削るEQと別で加えるEQとしてVintage tube EQを使っています。

Logic pro のデフォルトVintage Tube EQの歪みはサチュレーション【おすすめ】Logic pro の使えるデフォルトプラグイン8選!
Vintage Tube EQの歪みはサチュレーション

また右側のDRIVE(歪み)は3つのタイプから選べます。

いずれも派手な歪みではなく、サチュレーションを加えることで下記の効果が得られます。

・温かみが加わり、デジタル感が減る。

キックやベースが聞こえやすくなる。

特有のキャラクターを加える。

サチュレーションについてはこちらの記事で詳しく解説しています。

Vintage tube EQの場所

EQ > Vintage EQ Collection > Vintage Tube EQにあります。

Logic pro のデフォルトVintage Tube EQ

Bitcrusher

Logic pro のデフォルトBitCrusher【おすすめ】Logic pro の使えるデフォルトプラグイン8選!
Logic pro のデフォルトBitCrusher

Logic proのデフォルトディストーションの中で、異彩を放つのはBitcrusher

Bitcrusherの特徴・使い方

あえて音を低解像度にしたりデジタルクリッピングを生み出したり面白いエフェクトです。

Resolutionは小さくするほど低解像度的に歪みDownload samplingは増やすごとに信号のレートを半分にしていきます。

使い方次第で面白い演出も可能なBitcrusher。

4分13秒〜23秒の間に Resolution下げ、Download sampling上げで、意図的に作った歪みで次の曲へのトランジションに使っています。

Logicデフォルトのビットクラッシャーはデジタル感がかなり強いので好き嫌いが別れると思いますが、よりアナログ的なノイズを加えるようなプラグインもあるので、こちらも参考にしてみてください。

Bitcrusherの場所

Distortion > BitCrusher にあります。

Logic pro のデフォルトBitCrusher【おすすめ】Logic pro の使えるデフォルトプラグイン8選!

Auto filter

Logic pro のデフォルトAuto Filter【おすすめ】Logic pro の使えるデフォルトプラグイン8選!
Logic pro のデフォルトAuto Filter

「Autoって書いてるし、なんか自動でしてくれるのかな?」

とりあえずトラックに使うも、

ENVELOPELFOもわからない・・・」

結局あきらめてプリセットいくつか試してOFFに

個人的に、理解するまでそんな印象だったAutoFilter。

Auto filterの特徴・使い方

Logic proのAuto filterは、LFO(周期)やENVELOPE(エフェクトのききはじめや余韻)を設定してCutoff(音のこもり具合)を操作するプラグインです。

ワウのような音の変化を、周期的に発生させるようなイメージです。

Logic pro のデフォルトAuto Filter【おすすめ】Logic pro の使えるデフォルトプラグイン8選!
LFOを3%と低く薄くかけるのがポイント

応用的な使い方として、打ち込みのハイハットなどをより自然にするのにも使えます。

上の設定は2bar(小節)の間に、「20%分こもった音」を3%だけ加えます。

これだけで打ち込み感が減るので、ぜひ試してみてください。

Auto Filterの場所

Filter > Auto Filter にあります。

Logic pro のデフォルトAuto Filter【おすすめ】Logic pro の使えるデフォルトプラグイン8選!

Remix FX

Logic pro のデフォルトRemix FX【おすすめ】Logic pro の使えるデフォルトプラグイン8選!
Logic pro のデフォルトRemix FX

2020年のアップデートで追加されたRemix FX。

Remix FXの特徴

フィルターリピータースクラッチ逆再生など、リアルタイムで曲にエフェクトをかけるプラグインです。

マスタートラックに差してトラック全体にエフェクトをかけたり、特定のトラックにだけかけるのも、もちろんOK。

タッチした瞬間の音を繰り返すRepeaterなど、外付けのMIDIコントローラーに割り当てれば気分はSP-404

Remix FXの場所

Multi Effects > Remix FX にあります。

Logic pro のデフォルトRemix FX【おすすめ】Logic pro の使えるデフォルトプラグイン8選!

Step FX

Logic pro のデフォルトStep FX【おすすめ】Logic pro の使えるデフォルトプラグイン8選!
Logic pro のデフォルトStep FX

音作り編の最後はStep FX。

Step FXの特徴

非常に高機能なステップモジュレーターです。

複雑そうですが一度なぞりながら操作してみると理解できると思います↓

Step FXのステップの解説

指定した1ステップごとに、[割り当てた機能]に[割り当てた値]を送ります。具体的には、

Logic pro のデフォルトStep FX【おすすめ】Logic pro の使えるデフォルトプラグイン8選!
Step FXのステップモジュレーターの使い方

↑Rate=1/16なので、青色の1ステップは1小節の1/16ごとにCutoffに値を送ります。

1~4まではcutoff = 0

5~8まではcutoff = 100

11は1/16の半分の1/32、12はさらに半分の1/64でcutoff = 50

13-16は4つをつなげて1/4の長さでcutoff = 100

今回は16まで終わると1から再スタートですが、最大128まで設定できます。

Step FXのFXプロセッサーの解説

さらに上部、グラフの背景のようなFXプロセッサーにはX、Yに値を送りたいパラメーターと値を設定できます。

Logic pro のデフォルトStep FX プロセッサーの使い方
Step FX プロセッサーの使い方

この例ではXにDepth -40%、YにRes 20%を設定&青いカーソルをX=100/Y=50の位置に置いています。

よって最終的にDepthが40%マイナスされ、Resは半分の10%追加されています。(白い小さい円がそれぞれの現在の値)

複雑そうですが、最初のうちはプリセットを選んで使っても十分使えるエフェクトプラグイン。

Logic proデフォルトStep FXの裏技

Logic pro のデフォルトStep FX のフィルターとリバーブがすごい
Logic pro のデフォルトStep FX のフィルターとリバーブがすごい

Step FXはフィルターとリバーブの数が非常に充実しています。

ステップシーケンサーを↓のようにすると、フィルター、リバーブのプラグインとして使えます

Logic pro のデフォルトStep FX の裏技
Logic pro のデフォルトStep FX の裏技

Step FXの場所

Multi Effects > Step FX にあります。

Logic pro のデフォルトStep FX【おすすめ】Logic pro の使えるデフォルトプラグイン8選!

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は高機能なLogic proデフォルトプラグインの前編・音作り/エフェクトプラグイン編でした。

後編のミックス・マスタリングプラグイン編はこちら

また、無料で使えるフリープラグインもまとめているので、合わせてチェックしてみてください。

ではまた次回!

【7月8日まで】iZotopeの夏セールがスタート!Ozone11・Nectar4が¥4,141~、Neutron4 Elementは無料

【7月8日まで】iZotopeの夏セールがスタート!Ozone11・Nectar4が¥4,141~、Neutron4 Elementは無料

【今週のセール】最大83%OFF!iZotope、UAD、SSL、Pulsar Mu、Auto-Tune製品 | DTMプラグインセール・2024年6月13日

【今週のセール】最大83%OFF!iZotope、UAD、SSL、Pulsar Mu、Auto-Tune製品 | DTMプラグインセール・2024年6月13日

今週注目すべきDTMプラグインのセール情報をまとめました。サウンドデザインから、ミックスマスタリングまで使えるVST/AUプラグイン。せっかくのセールを逃さない・・・

【期間限定セール中】Universal Audioは、バンドルがおすすめ!UAD Essentials、Studio、Signature、Producer Edition

【期間限定セール中】Universal Audioは、バンドルがおすすめ!UAD Essentials、Studio、Signature、Producer Edition

UADのプラグインは、セール期間以外でもバンドル購入がお得です。Universal Audioの4つのバンドル、UAD Producer Edition・Sig・・・

本記事に登場 & 注目のPICKUPおすすめプラグインをピックアップ