【真空管パッシブEQ】Pulsar MASSIVEでボーカルの空気感&マスタリングは完璧!

【真空管パッシブEQ】Pulsar MASSIVEでボーカルの空気感&マスタリングは完璧!

最終更新日:2024/05/21

ミックス・マスタリング用のEQならPulsar MASSIVEがおすすめ!

パッシブ・パラレルEQの組み合わせで自然な仕上がり、真空管の温かみあるサチュレーション、高音をキンキンさせずにボーカルやドラムバスに空気感を追加して輝かせたり、1台で大活躍のプラグイン。

バスコンプのMuとのバンドルもお得なので、気になる方はこの機会にチェック!

早速みていきましょう!

Pulsar MASSIVEとは?

まずはざっくり説明!Pulsar MASSIVEとは?

Pulsar MASSIVEは、世界中のほぼすべてのマスタリングスタジオに存在する伝説的なアナログEQManley Massive Passive EQのエミュレーションプラグイン。

まもなく終了!!!期間限定プラグインセール中!

Pulsar MASSIVE
Pulsar MASSIVEが、期間限定で40%OFF

セールは2024年6月2日まで。

気になる方は今のうちにチェック!

\ 2024年6月2日までの期間限定!まもなく終了!!!/ セールの詳細はこちら

4つのバンドを持ち、自然な仕上がりが特徴のパッシブEQながら、他のPulsar製品同様にわかりやすいカーブエディターを搭載。

高音域をキンキンさせずに空気感を演出したり、真空管の持ち味である温かみを付加するのに最適なEQ

ミックスやマスタリングの際の細かいトーンの調整から、大胆なサウンドメイキングまで幅広く一台で対応できます。

Pulsar MASSIVEのダウンロードはこちら

Pulsar MASSIVEのダウンロードはこちら

Pulsar MASSIVEの詳細はこちら

Pulsar MASSIVEの主な特徴

「パッシブEQ × パラレルEQ」だからこその、自然な仕上がり

それぞれのバンドが互いに影響し合うことで最終的なEQ曲線を作り出すパッシブEQ。

Pulsar MASSIVEは、Low/Warmth/Presence/Airの4つのバンドを組み合わせることで音域を調整していきます。マウスで直接カーブを操作することも可能!

またPulsar MASSIVEは、原音に対してEQ調整したWET音を混ぜ合わせるパラレルEQの手法を使っているため、音質の劣化と過処理の少ない自然なサウンドを実現。

空気感やクリアさを演出するのに最適なEQ

エミュレーション元のManley Massive Passive EQ同様に、Pulsar MASSIVE高音域に不快なハッシュを加えることなく空気感を演出することができます。

特にドラムバスに使ってハイハットなどの金物にリアルさを出したり、ボーカルの空気感を出しつつ中音域のバランスもとるなど幅広いシーンに使用可能です。

真空管のサチュレーションを付加できる

Pulsar MASSIVEは真空管を搭載したEQをエミュレートしているため、真空管らしい温かみ・サチュレーションを付加することができます。

しかしEQでサチュレーションを得るにはINPUTを上げるか、Gain/Bandを上げなければならず、EQ本来の役割をすることが難しくなります。

Pulsar Audio公式ウェブサイトより引用

Pulsar MASSIVEには再現元にないDriveつまみが搭載されており、サチュレーションを単体で調節することが可能。非常に嬉しいポイントですね◎

トランスフォーマータイプも下記の3つから選べます。

  • 再現したハード機材に忠実なオリジナルモデルのサチュレーションモード
  • Pulsar Audio独自の温かみのあるローエンドの色付けモード
  • サチュレーションOFF

Pulsar MASSIVEを実際に使ってみたのでレビュー!

Pulsar MASSIVEを実際に使った!

4つのトラックにPulsar MASSIVEを使ってみました。動画内では、ちょっと強めにかけています。

今回はボーカル・エレピ・ドラムバス・ベースに対して使ってみました。

ボーカルにPulsar MASSIVEで空気感を演出

ボーカルはAirバンドを上げていくことで空気感を演出することが可能。動画内のボーカルはExcite Audioの Bloom Vocal Aetherを使用したもので、すでに十分に処理されているサンプル。

なので正直EQは不要でしたが、それでもここまでハイシェルフを持ち上げてもほとんど不快感なく自然に仕上がるのは驚きですね。

ドラムバスのバランス調整

ドラムバスにPulsar MASSIVEを使って、金物をグッとブーストしました。ハットなどの高音域に広がりとリアル感が簡単に出せました。

キックやスネア単体に使ってDriveノブでサチュレーションをつけるのも良いですね。

Pulsar Audio公式が提案するMASSIVEの使い方

プラグインブティックの商品ページの英文要約も載せておきます。

原文はこちらです。

クリーミーなトップエンド、バランスの取れた中音域、そしてパンチの効いたローエンドのPulsar MASSIVE

オーディオは決して過剰にイコライズされず、ソース素材の性質を忠実に保ちながら、鮮やかで自然な調整ができます。

マスタリングの調整

Pulsar Audio公式ウェブサイトより引用

マスタリングにおいて、Pulsar MASSIVEはミックスに輝きと重みを加えるのに最適なツールです。 たとえば、キックとベース間のダイナミックな分離とバランスを維持しながらローエンド (47 または 68 Hz) にパワーを追加したり、耳障りな感じを与えずに空気感 (16 kHz のハイシェルフ) を追加したりするためによく使用されます。 Pulsar MASSIVEは、Mid/Side モードで使用すると驚異的で、ステレオシーンを完璧にコントロールできます。

ボーカルをエンハンス

Pulsar Audio公式ウェブサイトより引用

リードボーカル用のクリエイティブで音楽的なツールであるPulsar MASSIVEは、プレゼンス (3.3kHz または 4.7kHz のベル フィルターを使用) と、濁りのない低中域の暖かさ (たとえば 220Hz のローシェルフ) を追加するのに優れています。1.6kHz のベルフィルターは、ボーカルを定位させるのに役立ちます。 クリーミーなサチュレーションを得るためにDRIVEノブを使うのもおすすめ。

エレキギターのミキシング

飽和したエレキギターは、特に極端な音楽スタイルでは中音域が非常に多くなり、ミックスが困難になることがあります。人の耳はこれらの領域でのスペクトルと位相の操作に非常に敏感です。滑らかで平行なEQカーブと自然により穏やかな位相変化を備えたPulsar MASSIVEは、位相をいじることなくトーンを形成するのに最適。

ドラムバスのEQ調整とエンハンス

Pulsar Audio公式ウェブサイトより引用
  • ・ドラムバス内のマッドネス(180Hzの穏やかなベルカット)
  • ・オーバーヘッドの耳障りな音の緩和(2.2kHzの穏やかなベルカット)
  • ・または輝きを加える(8.2kHzの穏やかなハイシェルフブースト)

エレクトロニック音楽にも

Pulsar MASSIVEは、シンセ パッドやシンセ ベースなどの非常に豊富なソースのサウンドデザインにも使用できます。 ミックスバスでは、適切なトランスを選択することで、キックドラムを強化したり、タイトな状態を維持したりすることができます。

Pulsar MASSIVEはバンドルがお得!

もしPulsar MASSIVEを購入するなら、Pulsar Mu + MASSIVE Bundleがおすすめ!

まもなく終了!!!期間限定プラグインセール中!

Pulsar Mu + MASSIVE Bundle
Pulsar Mu + MASSIVE Bundleが、期間限定で25%OFF

セールは2024年6月2日まで。

気になる方は今のうちにチェック!

\ 2024年6月2日までの期間限定!まもなく終了!!!/ セールの詳細はこちら

バスコンプとして人気のMuもセットで、2つ買うより断然安くてお得!

Pulsar Mu + MASSIVE Bundleの詳細はこちら

Pulsar MASSIVEのダウンロードはこちら

まもなく終了!!!期間限定プラグインセール中!

Pulsar MASSIVE
Pulsar MASSIVEが、期間限定で40%OFF

セールは2024年6月2日まで。

気になる方は今のうちにチェック!

\ 2024年6月2日までの期間限定!まもなく終了!!!/ セールの詳細はこちら

Pulsar MASSIVEのダウンロードはこちら

Pulsar MASSIVEの詳細はこちら

関連するプラグインeqおすすめのイコライザー

本記事に登場 & 注目のPICKUPおすすめプラグインをピックアップ