ミックスの仕上げは「いろんな再生環境でチェック」MixChecker Proで効率化

ミックスの仕上げは「いろんな再生環境でチェック」MixChecker Proで効率化

最終更新日:2024/03/23

ミックスはいろんなデバイスで確認することが重要

ミックス・マスタリングは普段から使い慣れているDTMスピーカーで行い、出来上がったミックスは様々な再生環境で再生することが重要です。

とはいえ、イチDTMerが所有しているデバイス数には限界があり、せいぜい手持ちのスマホやタブレット、またはマイカーなどでの確認が精一杯。

今回はそんなサウンドチェックを飛躍的に効率化させるプラグインMixChecker Proのご紹介です。

40種類以上の再生環境をシミュレートできるMixChecker Pro

MixChecker Proは、40種類以上の様々な環境での再生をシミュレートできるプラグイン。

機能としてはシンプルですが、裏腹に計り知れないほど効率的なプラグインです。

40種類以上の再生環境は下記の通り

  • スタジオモニター: Studio 4″ Vintage/Studio 5″ Modern/Studio 6″ Modern/Studio 7″ Vintage/Studio 5″ Vintage/Studio Cube
  • ライブハウス・クラブ: PA Disco Pool/PA Disco Stage/MixChecker Pro Manual 15/PA Cheap Satellite/PA Club Engineer/PA Club Near/PA Club Center/PA Cheap Full-Range
  • パソコン: Desktop 2″ Black/Desktop 3″ Wooden/Desktop 3″ Red/Desktop 5″ Black/LCD Screen 24″
  • テレビ: TV 24″/TV 37″/TV 22″/TV 32″
  • ノートパソコン: Laptop 12″ Grey/Laptop 13″ Silver/Laptop 15″ Black/Laptop 15″ Silver
  • タッブレット: Tablet 9″ Grey/Tablet 9″ Golden/Tablet 7″ Black
  • スマホ: Phone 5″ Grey/Phone 4″ Black/Phone 5″ Silver/Phone 5″ White
  • イヤホン: Earplugs White/Earplugs Black/Earplugs Grey/Earplugs Iso Black
  • ヘッドホン: Studio 30mm Silver/Studio 40mm Black/MixChecker Pro Manual 16/DJ 40mm Black/DJ 40mm Red/DJ 50mm Red/HiFi 35mm Black/HiFi 40mm Grey/Studio 45mm Silver/HiFi 40mm Silver/Studio 40mm Blue/Studio 40mm Yellow/HiFi 50mm White
  • 車のスピーカー: Wagon Driver/Wagon Co-driver/Sedan Driver/Sedan Co-driver/Sedan Passenger/Minivan Driver/Minivan Co-driver/Minivan Kid
  • ラジオ: Bluetooth Speaker/Small Radio Silver/BoomBox Silver/Smart Home Speaker/Small Radio Black
  • HiFi: HiFi Micro Silver/HiFi Micro Black/HiFi Mini Silver/HiFi Floor-stander
MixChecker Proの詳細はこちら

駅や公園・バスの中などのノイズもシミュレート

MixChecker Proは、駅や公園・バスの中などを含む14種類のノイズをシミュレートできます。これらのノイズは、イヤホンだと強く、密閉式ヘッドホンだと弱くという風に忠実にシミュレートされています。

ちょっとチープなプラグインの見た目からは想像できないくらいしっかりとしたシミュレート。

  • ノイズの種類は下記の通り
  • 街中1/街中2/公園1/公園2/遊び場/駅1/駅2/地下鉄/バーの中/バスの中1/バスの中2/車内1/車内2/ショッピングセンターの中

デバイスの歪みやモノラルチェックもこれ1つ

デバイスごとに異なる歪みやクリッピングもMixChecker Proでチェック可能。全環境で聞こえやすいというのはなかなか難しいと思いますが、クリティカルな高音のハッシュネスや中低音のブーストなどはチェックしておきましょう。

モノラルモードではシンプルなモノラル以外に左右を入れ替えたチェックも可能。

Autoモードにすると自動で順番にデバイスを切り替えてくれるので、怪しいところで止めてチェックすると非常に効率的です。

オリジナルのセットを作れる

MixChecker Proは、自分に必要なデバイスだけを集めたオリジナルのチェックセットを作成可能。

実際の音はこんな感じ

MixChecker Proのダウンロードはこちら

MixChecker Proの詳細はこちら

関連するプラグインmixおすすめのMixing

本記事に登場 & 注目のPICKUPおすすめプラグインをピックアップ