【新発売】Lofiトラック制作におすすめのエフェクトプラグイン・BeatSlillz Rekraftをレビュー

【新発売】Lofiトラック制作におすすめのエフェクトプラグイン・BeatSlillz Rekraftをレビュー

最終更新日:2024/03/31

2024年3月末に新発売されたBeatSlillz Rekraft。特にLofiトラックメーカーにおすすめのマルチエフェクトプラグインを今回はレビューしていきます。 5つのモジュールを組み合わせ、レトロで幅広い音作りが可能。レコードやカセットテープ、VHSテープなどテープの揺らぎなども演出できて、Lofiの全てが詰まったようなRekraft。早速みていきましょう!

5つのモジュールを組み合わせて、レトロで幅広い音作りが可能・Rekraft

Rekraftは、テクスチャやリバーブなどの5つのモジュールを組み合わせることで、自分好みのLofiエフェクトを作れるプラグイン。

カセットテープの揺らぎや、レコードのぷつぷつというノイズ、VHSビデオのようなデジタル的な歪みまで幅広い音作りが可能です。

全メインノブの左のフェーダーは、各パラメータをランダムにひねり続けるエフェクト。演奏中にランダムな変化によって、よりアナログ感を演出することができます。

Rekraftの詳細はこちら

テープやバイナルなど100種類を超えるノイズ

TEXTUREモジュールでは、テープやバイナルなど100種類を超えるノイズを使ってトラックにローファイな質感をつけることができます。ぷつぷつというノイズだけのものもあれば、より空間を感じられるエレクトリックなノイズもありますが、サンプルからどの程度ノイズを抽出するかをスレッショルドで設定可能。

テープの揺らぎやコーラス感

TAPEMODモジュールでは、WowとFlutterを使ってテープの揺らぎを演出することができます。かなり激しめにかけることもできますが、Wowをちょうど1bar〜2barくらいにしてDepthを薄めにするとゆったりテープがよれるようなLofi感を出せます。Mix度合いを調整することでコーラスのようなエフェクトとして使っても◎

相変わらず素晴らしいBeatSlillzのビットクラッシャー

数年前にレビューした同ブランドのSamplerXというビットクラッシャー同様、Rekraftは、レトロ感の強いとても気持ちの良いビットクラッシャーを搭載しています。ビットとサンプリングレートを変更してジャリジャリとした質感のある歪みを使うことができます。歪み自体もABの2種類搭載しており、公式の説明などは見つかりませんでしたが、Aが温かみのある歪み、Bはより無機質的でファズ的なニュアンスの歪みだと感じました。

Wash系なリバーブとドリフト的なMotion

さすがLofiエフェクトプラグインなので、リバーブも汚れた感じのテクスチャ。Motionは音量の上がり下がりをシミュレーションするモジュール。テープやレコードの質感と組み合わせてすり減った機材の雰囲気を作ることができます。

さらにコンプ、EQ、ステレオwidth、DRY/WETを調整可能。

BeatSlillz Rekraftのダウンロードはこちら

BeatSlillz Rekraftのダウンロードはこちら

Rekraftの詳細はこちら

関連するプラグインsaturatorおすすめのサチュレーター

本記事に登場 & 注目のPICKUPおすすめプラグインをピックアップ