【マスタリング】バスコンプ・グルーコンプとは?自然な使い方・設定例と購入時の注意点

【マスタリング】バスコンプ・グルーコンプとは?自然な使い方・設定例と購入時の注意点

最終更新日:2024/04/28

マスタートラックをプロ品質に仕上げるには、バスコンプ(グルーコンプ)が必要不可欠。今回は、接着だけではないバスコンプの効果をわかりやすく解説していきます。

おすすめのバスコンプについては下記で紹介しています。

(実際には4選になっています。)

早速みていきましょう!

バスコンプの特徴

バラバラのトラックを、綺麗にまとめてくれる

別名グルーコンプとも呼ばれるバスコンプは、バラバラのトラックをなめらかにまとめるコンプレッサーの総称です。

接着剤を意味するグルーの言葉通り、主な役割はトラック同士をくっつけて一体感を出すこと。

  • ・ミックスまで終わったマスタートラックがなんだかバラバラ
  • ・ドラム同士に一体感がない
  • ・ボーカルにまとまりがない、素人ぽい

という時に、ぜひとも試してみて欲しいのがバスコンプです。

ちなみにFETやOPTといったコンプレッサーの種類とは関係なく、トラック同士をうまくまとめるコンプをバスコンプと呼びます。

例えば、Pulser Muは真空管系、Shadow Hills Mastering Compressor Class AはVCAとOPTの複合、王道のSSL Bus CompressorはVCA系です。

メインは接着だけど、それぞれにキャラクター

接着効果が注目されがちなバスコンプですが、奥行きや立体感、空気感を強調したり、自然な温かみを付加するなど、実はマスタリングには欠かせないプラグイン

そして仕上げのマスタリングに使うプラグインだからこそ、プラグイン毎の繊細なキャラクターの違いが完成度に大きく影響します。

バスコンプの接着効果やキャラクターの違いを知るためにも、まずは無料で使えるデモ版をいくつかダウンロードして使い比べてみるのがおすすめです。

ダウンロードを待っている間に、バスコンプの使い方・設定について解説していきます。

一般的なバスコンプの使い方を解説

バスコンプを使用するシーン

バスコンプはその名の通り、バストラックに使用します。

バストラックとは複数のトラックをまとめたトラックのこと。

  • ・ミックス後のマスターバスに
  • ・キック、スネア、ハイハットなどまとめたドラムバスに
  • ・ギターバスやボーカルバスに

このようにバスコンプは、バラバラだなと感じたトラック同士のグループに使ってあげるとOKです。

バスコンプ設定のコツ

バスコンプは基本的に浅めに、自然にかけるのがコツです。

強く圧縮するとトラックのダイナミクスやニュアンスが減ってしまうので注意しましょう。

ハイパスフィルターは絶対使う

まずドラムが入っているトラックであればHPFは必ずONにして、キックの音域がコンプのトリガーにならないようにするのがポイント。例えばKickが60Hzを中心に140Hzまで出ていれば、大体100~140HzくらいまでざっくりHPFで削ります。

そのため、バスコンプ購入時にはHPFがついているか必ずチェックしましょう。

Pulser MuShadow Hills Mastering Compressor Class ASSL Native Bus Compressor 2にはついています。

アタックタイム

アタックタイムは遅めに設定。トランジェントの強い楽器のアタック感を消さないように注意します。

リリースタイム

リリースタイムは短めに設定。

リリースタイムが長すぎると不自然に圧縮が続いてしまうので、自然に圧縮が戻る短めの設定が定石です。

レシオ

レシオも低めに設定します。1:2 ~ 1:3の間くらいの低めの圧縮率でかけることが一般的。

スレッショルド

アタック、リリース、レシオを設定した後で、

圧縮が -1~ -2dB程度になるようにスレッショルドを下げていきます。

まとめ

いかがだったでしょうか。

接着効果だけではなく、立体感や空気感を強調できるバスコンプ。

実際に試してみるとトラックが何倍も高まるのを感じられたかと思います。

今回紹介したバスコンプは下記でさらに詳しく解説しています。

それではまた次回!

関連するプラグインbus-compressorおすすめのバスコンプレッサー

本記事に登場 & 注目のPICKUPおすすめプラグインをピックアップ